プロフィール

さえ

Author:さえ
ちょっと海外で暮らしてみたい。
そう思ってワーホリ決意!
『いつも元気で笑っていたい』をテーマに毎日楽しく生きています。

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

03  02  01  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  05  04 

全ての記事を表示する

最近のトラックバック

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹の滞在中に、一緒に"モントリオール&ケベックシティ旅行"に行ってきました。

今回は旅行会社を使わず、バスとユースホステルの組み合わせで、二人で気ままに観光できるようにしました~。(バスは安かったけど、少し疲れました。)

初日、朝早くからCoach Canadaに乗りモントリオールへGo!
…紅葉が窓から見えるはずだけど、期待してたほど赤くなかった…。しかもバスでガイドブック見てたら気分が悪くなり姉、睡眠。kumachigaan
7時間程でモントリオール到着!長旅~。

ホテルに行く前にバスディーポ周辺を散策。
ちょいと建物がオシャレな通りを歩きながら、ガイドブックに書いてある"スモークミート"のお店に行ってみる。…「うん!大ぶりな味!」

その後地下鉄に乗って、ユースホステルへ到着。
モントリオールのユースホステルは、ダウンタウンにあって地下鉄駅からも近く、すごく便利でした。今回は2人用のプライベートルームを予約。部屋にはバス・トイレ、バスタオルもついていて、さらにTVも。きれいだし、なかなか良かったです。

すこしゆっくりして、外に散歩に。
もう薄暗くなっていて、教会なども閉まっていたのでダウンタウンをウロチョロして、かわいいアイスクリーム屋さんでシェークを買って、ホテルに帰りました。

モントリオールでもケベックシティでも、お店の人は「ボンジュール、ハロー」とお客さんにあいさつし、返ってきた言語で話してくれてるみたいでした。もう、フレンチか英語かっつたら英語しか選択肢がなく、いっつもトロントで「英語なんか話せねぇ~よ!」って思ってるのに、「あぁ英語で話していいんだ!よかった~。」と思えて面白かったです。観光地だから、みんな簡単な英語で話してくれるし、気楽で良かったです。

この日は、明日の旧市街観光に備えて早めに寝ました。
2日目につづく!

P1020811_1.jpg

↓かわいい地下鉄。看板などがフレンチなのだ。
P1020823_1.jpg

↓シェークうまかった♪
P1020838_1.jpg
スポンサーサイト

ありがとう妹よ。

先日妹がトロントに遊びに来てくれて、"冬服"と"どっちゃりの日本食材"を持ってきてくれました~kumachinnico2

日本食材は、実際にはトロントで入手可能なのですが、ちょいとお高いんです。(コリアンスーパーとか。結構普通のスーパーでも売ってたりする。)
なので妹が来る時にお願いして買ってきてもらいました。
私はあんまり料理しないので、"パスタの素"とか"雑炊の素"とか、材料入れて煮込むだけ!みたいなのを中心に、調味料系など。
あと忘れてならないのが味噌!名古屋味噌!
名古屋味噌をこよなく愛する者としては、これがないと死んじゃ…わないけど、必需品なのです。

想像してたよりも沢山持ってきてくれた、妹に感謝感謝!
あれこれ援助してくれた、お母さんに感謝感謝!
スーツケース貸してくれた、あ~ちんに感謝感謝!

これでカナダの冬を乗り越えていけるよ。
もうすでに持ってきてもらった、コート・マフラー・手袋がないと昼間でも寒ぃし、明日はどうやら最低気温マイナス1℃らしいよ…。

↓さすが妹、好みをよく知っている。
P1020676_1.jpg

ハロウィンなので!

昨日から妹がトロントに来まして、今日はトロント観光をしてきました~。夕方になり妹も疲れてきたし明日は朝早いので早めに切り上げ、妹が来たら一緒にやろうと思っていた事をやりました。

ハロウィンのカボチャランタン作り~!kumachinnico2

今トロントではハロウィングッズがいろんなお店で売られていて、カボチャもでっかいのからちっこいのまで沢山の種類が売っています。
いい形のを選んで家で作成開始!

1,フタを切る。
2,中身をかきだす。
3,顔の形をクレヨンで下書きする。
4,顔をくり抜く。

こんだけ~!すっごい簡単で、1時間ちょいで完成。
なかなか上手に出来たんでない?

↓ランタン作成キットも売ってるのだ。
P1020725.jpg

↓大きいのが"さえ作"、ちっこいのが"妹作"。
P1020754.jpg

↓キャンドルを中に入れて窓際でイイ感じ。
P1020761.jpg

夜間学校

9月から週2で"George Brown College"の夜間Conversationクラスに通っているさえです。

えぇ~、生徒のみなさん昼間にお仕事してたり、結婚して移民してきた人ばっかりなので年齢層が高く(20代後半から中年くらい)、昼間に私が行っていたESLとはだいぶ様子が違います。(10代や20代前半が多くて、みんな若かった。)
人数は20人くらいいます。そして、みなさんペラリ~ノばっかりです。
Conversationは、話したりボキャブラリー増やしたりするのが目的のコースだから、ある程度話せる人ばっかりで当然なんだけど、オラついていけねぇだ…。
さえこ地蔵と化す。

ナゼ"さえ地蔵"なのか?

1.単語が分からなくて、質問の意味を理解したり、みんなが話してるのを理解するので精一杯。

先生「今のところ質問は~?」
みんな「ない~。」
さえ「全部~。」

なんて毎回聞いていたら日が暮れてしまうし…。
そんなことじゃあダメだ!毎回聞け!とお叱りをくらいそうですが、笑えるくらいたくさんわからないんだも~ん。
相当分からない所はその場で聞くけど、後で他の生徒に聞いたり、みんなの話から想像したり、後で先生に聞いたりしてます。(クラスでは辞書の使用は禁止されてるのだ。)
で、やっと質問や内容が頭で処理された頃、そのお題終了~タイムア~ップ的なことが多い=質問に対しての答えを考えられない=地蔵。


2.何かにつけて自分の意見を言わなければならないが、意見なし。

お題がね、うまいこと意見が全員一致しないようなのばっかりなんですけどね~。(みんな同じ意見だったら会話終了しちゃうもんね。)

「牛乳は完全な健康食品か?アルコールは毎日飲んだら不健康か?」
「有名ハリウッド俳優は給料をもらいすぎかどうか?」

そんな事知らん!どうでもいい!

…いけません、いけません。
みなさん意見バシバシ言われますよ~。

「牛乳は毎日飲み過ぎたら体に良くない!」
「アルコールは、毎日少しずつなら体にいい!健康だ!」
…そうよね、毎日何リットルも牛乳飲んだら、次の日お腹ゴロゴロするよね。お酒赤ワインは体にいいって流行ってたもんね。極端なこと言ったら何でもそうよね。

一番びっくりしたのは、ドライブスルーを待つ間の排気ガスが環境問題になった記事がテーマの時、その記事についてグループで話し合い発表することに…。

「そんな事よりも、カナダにはもっと深刻な問題がいっぱいあるじゃない!環境委員会はそんな事を話してる場合じゃないわっ!○○とか○○とか…」10分くらい熱弁。

さすがにみんな苦笑い。それを言っちゃあねぇ~。

どうせ話す練習なんだから適当に何か言おうとトライするんだけど、
いざ話そうとすると、自分の意見の言い方が全然出てこない。
何か通常の簡単な会話で使ってる言い方だと、説明しきれない。
(○○な人が□□だったらこうだけど、△△のときに××だと……。みたいなさ。)

っつ~わけで、私だけリスニングのクラスになりつつある今日このごろです。
でも、分かることも増えてきたし、いつも帰り道は、「楽しかったな~」と思うので、ヨシとします。(たまに落ち込んでるけどね。)

かわいかった。

こないだ友達と朝ご飯食べに入ったお店が、とてもかわいかったのです。

P1020650.jpg

P1020651.jpg

紅なのだ。

さてさて、こちらは紅葉もスタートしてきたようで、所々で赤いモミジに出会えるようになってきました。
部屋の窓から見える木も、早く紅くならないかな~♪と楽しみにしておる次第であります。

来週は妹がこっちに遊びに来てくれるので、ちょっとフレンチカナダへ小旅行!トロントとはまた雰囲気の違った街並みを紅葉と共に楽しみたいと思っとります。

フランス語話せない~!kumachigaan
英語が通じるから大丈夫よって、英語もムリ~(笑)イヤ、観光くらいならきっと大丈夫だ。
さぁ、さえこ!妹にかっこいい所が見せられるかっ!?
どんな結果になるか、乞うご期待~kumachinooi

そういえば、紅葉といえば学校で何ヶ国かの生徒達と日本の話になった時、みんなアニメ番組の他に"X JAPAN"を知っていた。サウジアラビア人も。すげぇな、さすがJAPANとバンド名に付けるだけあるな。うむ。kumachinmuu

↓近所に、1本だけ先走って赤くなった子がいます。
P1020647.jpg
9月最後の日曜日、ナイアガラの近くのSt. Catharinesへ、ワインフェスティバルに行って来ました!ナイアガラのワイナリーがたくさん集まってくるイベントです。
あっ、ナイアガラはワイナリーが沢山あるんです。(でも、St. Catharinesにあるわけではないです。)

朝9時30分、トロントからCoach Canadaのバスに乗って出発!
昼前に到着すると、うっわ~誰もいない…。
観光案内所を探す…ない。
トロントがいかに都会か思い知らされた瞬間でした。
「トロント」何にも無いって思っててごめんなさい。

本当にフェスティバルなんか開催されるのか?と不思議に思いながら会場の公園に行く途中、マラソン大会にでくわす。…走っとる。
さらに歩く、自転車大会にでくわす…ヘルメットかぶっとる。
会場に着くと、みんなまだのんびり準備してる&お客さんいない…もう開場してるのに。
「なんだよ、こんちくしょ~!せっかくバス代$31払ってきたのにぃ~!」

ぶつぶつ言いながらも各ワイナリーのテントを見て回る。
そうこう時間を潰していたら、昼過ぎから人が来はじめる。
何みんな、マラソン走ってたの?自転車乗ってたの?
テントの中も準備万端みたいで早速ワイン開始!

まず、トークンを買います。で1トークンでグラスを購入。これに好きなワインを買って飲み、また別のワインを買って飲んで…。2トークンで4oz.くらい飲めます(ワイングラスで4cmくらい?)

実は私、甘くないお酒が飲めないので、ワインも飲めないんですけど、カナダだと飲めるんです…アイスワインを!
(アイスワインとは、自然に凍結した葡萄から作られる特別なワインで、味は甘いのです。あんまりたくさん生産出来ないので、値段は高め。中にはシロップ並みの甘さのもあります。ナイアガラにはこのワインを作るワイナリーがたくさんあります。)

アイスワインに焦点を絞り、"PILLITTERI"のアイスワインをいただく。
"う~ま~い~ぞぉ~!"

他にお気に入りだったのが、"20 Bees"。
これは、普通の白ワインを試しましたが、お店の人が言うように"very very sweet."でとても甘くて飲みやすく、イイ感じでした。
トロントに帰ってLCBO(リカーショップ)行ったら売ってたので、しばらくお世話になりそうです。

カナダでは通常、法律で公共の場(外や公園など)での飲酒が禁止されているんですが、フェスティバルだからこの日この場所はOK!

いい天気の中で昼間っからお酒飲んで、ごきげんでした♪


↓良いお天気で最高!!
P1020639.jpg

↓ワインくださ~い!
P1020643.jpg

↓トークン1枚$2.50也
P1020640.jpg

カナディアン?な休日

9月中旬に、ボスの家のペンキ塗りをお手伝いしに行ってきました。
日本と違って、家の周りや室内の壁に自分でペンキ塗ってOKなんだそうです。
そういえば、部屋探しの時に、「この部屋の壁は自分で色塗りました♪」って人いました。貸部屋なのに。
で、業者に頼まないところがカナディアン?(イヤ、ボスは日本人なんだけど。)自分でペンキ買ってきて塗っちゃいます。
半日程の作業でしたが楽しかったです。
ペンキ塗りの後は、バーベキューを庭で美味しく食べて、夏の終わりに"いい休日"を過ごしました。

↓ハケを使ってペタペタリ。
P1020617_1.jpg

↓マスキングは忘れずに!!
P1020618_1.jpg

『IKEA』へGo

カナダは秋をすっ飛ばして冬になったかのように寒いです。
「あぁ~、秋って涼しくていいね~♪」って期間はないの?
30℃前後の熱い日々が終わったと思ったら、12℃とかなっちゃってさ…。さむいわよっ!

お部屋改造計画において、どうしても私が買いたかったのが、ちっこいカーペット。そんな時にはカナディアンご用達?『IKEA』です。
こちらでは、普通のコジャレたのホームセンターみたいな扱いですかね~。
"アイキア"って発音します。

私『IKEA』初上陸で、品物の多さにびっくりしました。友達曰く日本の『IKEA』と同じだって言ってました。オシャレな商品が多くて、ついついいらない物まで買ってしまいそうになりながらも、"カーペット"、"靴ラック"、"グラス"を購入。

トロント中心部から行くには、ちょっと不便な場所にあるから、そんなに頻繁には行けないけれど、またフラリと行きたいにゃ~。

P1020590.jpg

P1020592.jpg

お部屋改造計画!

広めの部屋に住んでしまったためか、1年も住まないこの部屋を変えたくて仕方がなくて、手始めに気に入らないカーテンを作り直すことにしました。kumachinnico2(買うと高いしサイズ無いから。)

さて、布を買うためにはどこへ行けばいいのやら…?
それは、"Queen St. West"!
このストリートはクラブなんかも多くて、それなりに賑やかな場所です。
何でか知らないけど問屋みたいな布屋さん、リボン屋さんなど専門店が何軒もあります。高級なお店、布でごった返した安めのお店、いろいろあります。
そこで2~3軒お店を覗いてみたものの、布ありすぎっ!!
目的の色と質感の生地が見つけられず、未だに英語で質問するのに躊躇するもんだから、ウロチョロするだけkumachigaan

で、次に入ったお店で、イタリア系っぽいオヤジ店員に
「何探してるんだい?この生地はナイロンだぜ、コットンだぜ。学生?」
と声をかけられる。(デザイン学科の生徒がよく来るみたいで慣れてる。)
「ダークブラウンのカーテン作る生地欲しいんですけど~。」
「これいい布だぜ、これもいいぜ。」
その中から安めの、好みの色の布を見つける。
「あれ、見せて~。」
「こっちの布もいいんだぜ~。」
「…イヤ、あれが見たいんだってば。」
ちょっと思ってたより生地が厚かったけれど、もう探すのめんどうになって、購入することに。
「何ヤードにする?」
…え?ヤード?ゴルフ?
「ヤードってどれくらいですか?」
「1メートルよりちょっと短いぜ。」
「んじゃ、3ヤードください。」
「…1ヤード余っちゃうから、割引するから4ヤード買ってくんない?」
「…いいよ。」

ってな事で布入手!ついでに針と糸も別の店で買って準備万端!
…そう、ミシン無いから手縫いです。
裁縫は上手ではないけれど、小さい頃、お母さんが家でそっち系の仕事をしていて、物を作る楽しみを見て育ったから、これくらいは何でもないです。むしろ、縫うだけで希望の物が出来ちゃうんだから、夢中になってやる方かも。仕事が終わってからチクチク作業して、2日間程で完成!

ところが、カーテンを閉めると布が厚すぎて遮光カーテン並のパワーを発揮し、朝になっても朝だと分からない=起きれないkumachigaan
窓の向こうは木だけだし、3階で人も通らないから、もう閉めないことにしました。(笑)
いいのだ、インテリアだから。

↓オヤジの店(結構キレイめなお店)
P1020614_1.jpg

↓糸と針を買った(店員さんに日本のミシンの良さを熱く語られた。)
P1020612_1.jpg

↓完成!
P1020626_1.jpg

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。